細胞骨格(読み)さいぼうこっかく(英語表記)cytoskelton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「細胞骨格」の解説

細胞骨格
さいぼうこっかく
cytoskelton

細胞の形を保持し,また変化させる細胞内の要素であり,微小管微小繊維がその役割を担っている。細胞の形を決定するものでも,細胞壁や骨組の造骨細胞を囲む骨質などの細胞外基質はこれに含まれない。アクチンミオシントロポミオシン等の微小繊維は,微細で束状・網状なのに対し,チューブリンより成る微小管は太く,支柱のように見える。細胞骨格は,原形質流動,神経細胞の軸索輸送など細胞内の物質輸送や,細胞分裂,ゾル・ゲル運動,食作用など細胞形態変化に関する作用,細胞小器官の移動といった実に多様な役割を担っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「細胞骨格」の解説

細胞骨格
サイボウコッカク
cytoskeleton

細胞内に張りめぐらされているタンパク質性の繊維状構造で,アクチンフィラメント(直径5~9 nmアクチンの集合体)や微小管microtubule(直径25 nm,チューブリンの集合体)や中間径繊維intermediate filament(直径約10 nm)がある.細胞の構造維持や運動に関与する.微小管はの近くの中心体から伸びている.中間径繊維は上皮細胞の接着部位(接着斑(はん),desmosome)を起点とする.サブユニット会合解離により長さを自在にかえることができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の細胞骨格の言及

【細胞】より

… 真核細胞は,原核細胞と同様に原形質の可溶性分画によって細胞の基本的な代謝機能を果たしているが,そのほかにさらに高次な構造をもち,高次な制御系をもっている。とくに,細胞質に発達した異質の構造系として細胞内膜系と細胞骨格構造とがあり,高次な構造をつくり上げ,高次な機能を発揮できるのはこれらの構造のためである。
[細胞内膜系]
 網目状に発達した複雑な膜構造で,分化した細胞の機能と密接な関係があり,その発達のようすは細胞の種類によってひじょうに違っている。…

※「細胞骨格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android