アクリロニトリル樹脂(読み)アクリロニトリルジュシ

化学辞典 第2版「アクリロニトリル樹脂」の解説

アクリロニトリル樹脂
アクリロニトリルジュシ
acrylonitrile resin

アクリロニトリルを重合させて得られる樹脂.白色または浅黄色で,80~104 ℃ のガラス転移温度をもち,極性の高い-CN基をもつため,一般の有機溶剤に難溶で,わずかに硫酸硝酸,チオシアン酸塩,塩化亜鉛などの混合水溶液や,二,三の有機極性溶媒に可溶である.とくに,デュポン(DuPont)社が発見したジメチルホルムアミドはすぐれた溶媒で,合成繊維オーロン(Orlon)の出現を可能にした.融点は高く,加熱すると溶融することなく分解する.分解温度300 ℃ 付近.[CAS 25014-41-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android