アゴゲンゲ(読み)あごげんげ(英語表記)blackedged-fin eelpout

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゴゲンゲ
あごげんげ / 顎玄華
blackedged-fin eelpout
[学]Lycodes toyamensis

硬骨魚綱スズキ目ゲンゲ科に属する海水魚。山陰地方以北の日本海、オホーツク海、朝鮮半島、沿海州に分布する。体は太短いウナギ形。下顎(かがく)の下面によく発達した板状の隆起がある。体は成魚では一様に黒褐色であるが、40センチメートル以下の若魚では背びれに白く縁取られた黒色斑紋(こくしょくはんもん)がある。背びれと臀(しり)びれの縁辺部は黒い。胸びれは一様に黒色。全長50センチメートルぐらいになる。水深200~1400メートルの海底近くにすみ、底引網で獲れる。一般的には流通しないが産地では煮つけなどにする。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android