アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(英語表記)Agostino di Duccio

世界大百科事典 第2版の解説

アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ【Agostino di Duccio】

1418‐81
イタリアの彫刻家。フィレンツェ生れ。1433年以降生地を離れる。42年,モデナ大聖堂の祭壇浮彫を制作。その後フィレンツェに戻るが窃盗嫌疑を受けて北イタリアに出奔リミニでテンピオ・マラテスティアーノの装飾に従事(1449ころ‐57ころ)。これは,傭兵隊長で学者であったリミニの君主マラテスタSigismondo Malatesta(1417‐68)が自分と愛人イゾッタIsotta degli Attiを記念するためにアルベルティに設計させた建物で,アゴスティーノは大理石内壁に,キリスト教信仰に対するマラテスタの懐疑と異教趣味を物語る多様な主題を,きわめて薄肉の浅浮彫で表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android