コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ Agostino di Duccio

1件 の用語解説(アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ【Agostino di Duccio】

1418‐81
イタリアの彫刻家。フィレンツェ生れ。1433年以降生地を離れる。42年,モデナ大聖堂の祭壇浮彫を制作。その後フィレンツェに戻るが窃盗の嫌疑を受けて北イタリアに出奔。リミニでテンピオ・マラテスティアーノの装飾に従事(1449ころ‐57ころ)。これは,傭兵隊長で学者であったリミニの君主マラテスタSigismondo Malatesta(1417‐68)が自分と愛人イゾッタIsotta degli Attiを記念するためにアルベルティに設計させた建物で,アゴスティーノは大理石の内壁に,キリスト教信仰に対するマラテスタの懐疑と異教趣味を物語る多様な主題を,きわめて薄肉の浅浮彫で表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの関連キーワードギベルティピサーノブルネレスキベロッキオマリーニリッピロッビアチェッリーニフィレンツェの思い出カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone