コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐疑 かいぎskepsis; doute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懐疑
かいぎ
skepsis; doute

ある命題の真偽について判断を下していない心的状態。あらゆる命題について真理認識を否定すると懐疑論の立場になるが,それとは逆に,懐を手段として絶対確実な真理を得ようとするのがデカルト方法的懐疑である。彼はわずかでも疑いうるものをあえて偽としたうえで,まったく疑いえないものを獲得しようとした。フッサールのエポケ (判断中止) もその延長上にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぎ〔クワイ‐〕【懐疑】

[名](スル)物事の意味・価値、また自他の存在や見解などについて疑いをもつこと。「新療法の効果について私は懐疑的だ」「人生を懐疑する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいぎ【懐疑】

( 名 ) スル
疑いをいだくこと。 「 -心」 「 -的」 「事更物々しく否定し、-して得々たるが故に滑稽なのである/竹沢先生と云ふ人 善郎
〘哲〙 十分な根拠がないために、判断を保留・中止している状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懐疑
かいぎ
skepticism

知識の確実性、客観的普遍性を疑うことをいう。懐疑はその働きによってさまざまな姿をとる。
〔1〕教義としての懐疑。懐疑がすべての知識に適用され、「すべての知識は不確実である」という知識として固定され主張される場合、自己矛盾に陥る。「すべての知識は不確実である」という知識それ自身が確実なものとされるからである。教義としての懐疑は絶対化されると自己矛盾に陥る。
〔2〕判断中止としての懐疑。「何事も定めず」(ヘレニズム時代の懐疑学派)、「私は何を知っているか」(モンテーニュ)は、〔1〕のように懐疑を一つの教義として固定せず、人間の知識の相対性を冷静に眺めることによって、心の平静を生み出す。その限りでは実践的意味をもつが、知的探究の放棄に陥る危険をもっている。
〔3〕方法的懐疑。デカルトの方法的懐疑は、すべてを疑うことによって知識の絶対的確実性へ至る方途である。彼は方法的懐疑によって、絶対に疑うことのできない「我の存在」のうちに最初のもっとも確実な知識をみいだした。デカルトにおいて、懐疑は人間理性への信頼と結び付くことになる。
〔4〕批判としての懐疑。懐疑は人間理性の能力そのものの批判として機能する。それは経験の領域を超えたものについての知識に対する懐疑である。この場合、かならずしも人間を感性的経験のうちに閉じ込めること(経験論)になるわけではない。パスカルにおいて、懐疑は人間理性そのものの限界を知ることによって、人間理性を超えた次元、信仰へと導くのである。それは理性の放棄ではなく、理性を超えたものを承認することが理性自身の最後の歩みなのである。カントは批判としての懐疑を完成させた。彼は理論理性の越権を批判することによって、実践理性にその本来の場所を与え、実践理性の優位を確立した。経験を超えた自由、魂の不死、神の存在は、道徳法則を介しての実践理性の要請とされた。
〔5〕結論としての懐疑は、自己矛盾か、知的探究の放棄に導くにすぎない。それに対し方途としての懐疑は、知識の探究にとってけっして欠くことのできない真理への道である。懐疑とはギリシア語skepsisで「探究」を意味している。知識の真の発展は、既存の知識の前提に対する懐疑によってのみ可能だからである。[細川亮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

懐疑の関連キーワードシャロン(Pierre Charron)セクストス・ホ・エンペイリコスサンジャヤ・ベーラッティプッタセクストス・ホ・エンペイリコスピロン(古代ギリシア哲学者)オルフェウスによせるソネットセクストスホエンペイリコスデカルト哲学の基本概念アグリッパ(哲学者)ブラウン神父の不信H. シェルスキーフィロン[アテネ]我思う,故に我ありピエール ベールアルフォンソ4世ファウォリヌスアルケシラオスアイネシデモススケプティックハムレット型

懐疑の関連情報