コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシナガコップガヤ Orthopyxis caliculata

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガコップガヤ【Orthopyxis caliculata】

ヒドロ虫綱ウミサカズキガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。日本各地に分布し,浅海のいろいろな海藻類などの上に着生している。物の上に付着するヒドロ根から高さ5mmほどのヒドロ茎が直立し,その先端にコップ状のヒドロ莢(きよう)をつける。ヒドロ莢のすぐ下には1個の球状のくびれがあり,ヒドロ茎の全長には斜めの環節がある。口縁は平滑。生殖莢は扁平な卵形で,ヒドロ根より生じ,短い柄で付着する。ヒドロ虫類のハネガヤやコケムシ類のようにコンブなどの有用海藻に被害を与えるようなことはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アシナガコップガヤの関連キーワードヒドロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android