コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシナガコップガヤ Orthopyxis caliculata

1件 の用語解説(アシナガコップガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガコップガヤ【Orthopyxis caliculata】

ヒドロ虫綱ウミサカズキガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。日本各地に分布し,浅海のいろいろな海藻類などの上に着生している。物の上に付着するヒドロ根から高さ5mmほどのヒドロ茎が直立し,その先端にコップ状のヒドロ莢(きよう)をつける。ヒドロ莢のすぐ下には1個の球状のくびれがあり,ヒドロ茎の全長には斜めの環節がある。口縁は平滑。生殖莢は扁平な卵形で,ヒドロ根より生じ,短い柄で付着する。ヒドロ虫類ハネガヤコケムシ類のようにコンブなどの有用海藻に被害を与えるようなことはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アシナガコップガヤの関連キーワード腔腸動物ヒドロ虫類海唐松海鶏冠鰹の烏帽子鰹の冠真水水母海サボテン腔腸類トサカ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone