アシナガコップガヤ(英語表記)Orthopyxis caliculata

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガコップガヤ【Orthopyxis caliculata】

ヒドロ虫綱ウミサカズキガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。日本各地に分布し,浅海のいろいろな海藻類などの上に着生している。物の上に付着するヒドロ根から高さ5mmほどのヒドロ茎が直立し,その先端にコップ状のヒドロ莢(きよう)をつける。ヒドロ莢のすぐ下には1個の球状のくびれがあり,ヒドロ茎の全長には斜めの環節がある。口縁は平滑。生殖莢は扁平な卵形で,ヒドロ根より生じ,短い柄で付着する。ヒドロ虫類ハネガヤコケムシ類のようにコンブなどの有用海藻に被害を与えるようなことはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android