アショフ結節(読み)アショフけっせつ(英語表記)Aschoff nodule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アショフ結節
アショフけっせつ
Aschoff nodule

アショフ体,あるいはリウマチ結節ともいう。リウマチ熱の際に心筋にみられる重要な病変で,ドイツの病理学者 K.アショフ (1866~1942) が初めて記載した。心筋線維から遊離した「アショフ細胞」といわれる細胞が出てきて,粟粒大の結節状の病変が関節,心肺,大動脈などに形成される。この結節は時間の経過とともに消失し,小さい線維巣となる。慢性関節リウマチ患者の皮下組織に現れる皮下結節 (リウマトイド結節) とは別のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android