アシール地方(読み)アシールちほう(英語表記)`Asīr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシール地方
アシールちほう
`Asīr

サウジアラビア南西部の地方名で,南はイエメン国境にいたる。紅海沿岸平野,最高点 3133mに達する山岳地帯,およびビシャー川とタトリス川の上流河谷地帯から成る。面積約 10万 km2。主要都市はアブハージーザーンサブヤーナジュラーンなど。高地は温暖で比較的雨が多い。同国で最も農業に恵まれ,小麦,綿花,コーヒー,アイ,ショウガ,野菜,ナツメヤシの実が主要農産物。牧畜もウシ,ヒツジ,ヤギ,ラクダが飼われる。岩塩採掘 (ジーザーン,フラサーン島) も重要。 1872年から第1次世界大戦にいたるまでトルコに支配されていたが,1920年にイブン・サウードアシールの東部を奪取,23年にはその全域を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android