コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・太平洋における開発のための技術に関する東京プログラム アジア・たいへいようにおけるかいはつのためのぎじゅつにかんするとうきょうプログラム Tokyo Program on Technology for Development in Asia and the Pacific

1件 の用語解説(アジア・太平洋における開発のための技術に関する東京プログラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア・太平洋における開発のための技術に関する東京プログラム
アジア・たいへいようにおけるかいはつのためのぎじゅつにかんするとうきょうプログラム
Tokyo Program on Technology for Development in Asia and the Pacific

1984年に ESCAP総会で採択された開発計画。アジア太平洋運輸,通信の 10年とも呼ばれており,プログラム期間は 85年1月から 94年 12月までの 10年間である。日本は同プログラムの2大プロジェクトであるアジア・サンシャイン計画 (太陽光発電プロジェクト) およびテクノロジーアトラス・プロジェクト (技術・分布図作成計画) をはじめとして,各種プロジェクトに対し資金協力を行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア・太平洋における開発のための技術に関する東京プログラムの関連キーワードベオグラード宣言ベルリン・アピール死刑廃止条約国際労働機関憲章国際人権章典社会権規約高齢者のための国連原則国連子どもの権利条約天文定数系体育スポーツ国際憲章

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone