コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア大洋州労働組合会議 アジアたいようしゅうろうどうくみあいかいぎAsia-Australian Trade Union Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア大洋州労働組合会議
アジアたいようしゅうろうどうくみあいかいぎ
Asia-Australian Trade Union Conference

1949年 11月 16~23日世界労働組合連合会 (世界労連) の主催で北京で開かれたアジア大洋州諸国 13ヵ国の労働組合の会議。出席者は中国,ソ連,モンゴル,朝鮮,インド,ベトナム,ビルマ (現ミャンマー) ,タイ,インドネシア,セイロン (現スリランカ) ,フィリピン,マレー,イランの 13ヵ国の労組代表 117名 (日本,オーストラリアニュージーランドは欠席) 。世界労連副主席劉少奇が議長団主席に選ばれ開会の辞を述べ,議題はアジア大洋州における世界労連の活動についての報告,各国の労働組合に対する援助のための世界労連の行動計画,世界労連の常設連絡局をアジアに設置することなどであった。この連絡局は 50年4月北京に設置され,中国,ソ連,インド,オーストラリアの労組代表各1名により構成された。北京の連絡局は 59年3月閉鎖された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アジア大洋州労働組合会議の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎森一生ドッジ・ラインマキノ雅広木下恵介中国共産党冷戦今井正久松静児

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android