アジア大洋州労働組合会議(読み)アジアたいようしゅうろうどうくみあいかいぎ(英語表記)Asia-Australian Trade Union Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア大洋州労働組合会議
アジアたいようしゅうろうどうくみあいかいぎ
Asia-Australian Trade Union Conference

1949年 11月 16~23日世界労働組合連合会 (世界労連) の主催で北京で開かれたアジア大洋州諸国 13ヵ国の労働組合の会議。出席者は中国,ソ連,モンゴル,朝鮮,インド,ベトナム,ビルマ (現ミャンマー) ,タイ,インドネシア,セイロン (現スリランカ) ,フィリピン,マレー,イランの 13ヵ国の労組代表 117名 (日本,オーストラリアニュージーランドは欠席) 。世界労連副主席劉少奇が議長団主席に選ばれ開会の辞を述べ,議題はアジア大洋州における世界労連の活動についての報告,各国の労働組合に対する援助のための世界労連の行動計画,世界労連の常設連絡局をアジアに設置することなどであった。この連絡局は 50年4月北京に設置され,中国,ソ連,インド,オーストラリアの労組代表各1名により構成された。北京の連絡局は 59年3月閉鎖された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android