コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア安全保障会議 アジアアンゼンホショウカイギ

2件 の用語解説(アジア安全保障会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アジアあんぜんほしょう‐かいぎ〔‐アンゼンホシヤウクワイギ〕【アジア安全保障会議】

アジア太平洋地域の防衛問題や地域間防衛協力に関し、各国の防衛担当閣僚や専門家などが議論を行う多国間会議。英国の国際戦略研究所IISS)が主催し、2002年の第1回会議から毎年シンガポールのシャングリラホテルで開催されている。通称、シャングリラダイアローグ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アジア安全保障会議

アジア太平洋の安全保障の課題について、日中韓や欧米、東南アジア諸国の国防担当の閣僚や専門家らが毎年、シンガポールのシャングリラホテルに集って議論する国際会議。英・国際戦略研究所(IISS)の主催で2002年に始まった。15回目となる今年は少なくとも16カ国の約50人が登壇し、意見を交わした。

(2016-06-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア安全保障会議の関連キーワードアジア太平洋協議会ABUAPTアジア太平洋経済社会委員会アジア太平洋計量計画アジア太平洋戦争動的防衛協力アジア・太平洋水サミット米国の弾道ミサイル防衛(BMD)戦略アジア太平洋地域地図会議

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア安全保障会議の関連情報