コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際戦略研究所 こくさいせんりゃくけんきゅうしょInternational Institute for Strategic Studies; IISS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際戦略研究所
こくさいせんりゃくけんきゅうしょ
International Institute for Strategic Studies; IISS

1958年フォード財団の援助によりロンドンに設立された民間の国際的戦略研究機関。核時代における国際安全保障,防衛,軍備規制の諸問題に関する情報と研究のためのセンターとして設立され,安全保障の軍事面ばかりでなく,社会的,経済的諸問題および軍事力の使用と存在の政治的,道義的諸問題を扱っている。理事会,職員および 60ヵ国以上にわたる会員から構成されている。活動としては,各国の国防問題の専門家が参加して行われる国際顧問会議および年次大会などがある。さらに出版活動も活発で,"Military Balance" (年報) ,"Survival" (隔月雑誌) ,"Adelphi Paper" (研究論文シリーズ) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいせんりゃくけんきゅうじょ【国際戦略研究所 International Institute for Strategic Studies】

略称IISS。1958年,アメリカのフォード財団からの資金援助を受けてロンドンに設立された非営利の民間戦略研究機関。法的にはイギリスの〈有限責任の会社〉とされているため,税法上の必要から管理はイギリス人だけからなる理事会が行うが,実際の運営や研究活動は国際諮問会議のアドバイスをえて所長の責任で実施されている。所長には,初代を除き歴代外国人が就任している。その活動は近代戦争の戦略問題を研究することにあり,各国の軍事問題の権威者が参加して開かれる国際顧問会議や,各国の専門家の研究成果を発表する年次大会がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際戦略研究所
こくさいせんりゃくけんきゅうじょ
International Institute for Strategic Studies

略称IISS。核時代の国際安全保障問題を研究する目的で、1958年ロンドンに設立された民間の研究機関。会員制をとっているのが特徴で、60を超す世界各国から順繰りに研究員が招かれている。個別研究の成果は『アデルフィ・ペーパーズ』Adelphi Papersとよばれるパンフレットで随時発表されるほか、隔月刊の機関誌『サバイバル』Survivalにも掲載される。情報提供も重要な活動の一つで、毎年発表される『ミリタリー・バランス』Military Balanceと『戦略概観』Strategic Surveyは、世界の軍備および軍事情勢に関するもっとも権威ある資料のなかに数えられている。そのほか年次大会および各種のセミナーを主催し、各国の安全保障問題専門家に意見交換の場を提供している。[木村修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国際戦略研究所の言及

【平和研究】より

…そこでは軍拡のメカニズム,兵器移転の構造,非武装抵抗といった具体的なテーマの研究のほかに,ドイツ本来の学問的伝統を基盤に平和研究の理論的基礎の構築が注目される。さらに戦争の原因と平和の諸条件を探究するフランス,ベルギー,オランダの〈戦争学研究所〉や,イギリスの〈国際戦略研究所〉なども独自の研究に従事している。 ところで,平和研究は欧米に限られるわけではない。…

※「国際戦略研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際戦略研究所の関連キーワードスティーブン クレモンズミリタリー・バランスカート ガスタイジェアジア安全保障会議I.I.S.S.中国人民解放軍シンクタンク英国の核戦力佐伯 喜一各国の空母高坂 正堯軍事費国防費

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際戦略研究所の関連情報