コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュバント アジュバント adjuvant

2件 の用語解説(アジュバントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アジュバント(adjuvant)

免疫増強剤

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アジュバント

 (1) 広く薬物などの活性を補助する物質,混合物.(2) 免疫補助剤免疫アジュバント免疫助成剤ともいう.免疫応答非特異的に刺激する物質.水酸化アルミニウムの懸濁液や殺した細菌を懸濁した油中水滴型エマルション等.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアジュバントの言及

【湿疹】より

…アレルゲンといっしょにシャンプーや洗剤の主成分であるSLSやLASが共存していると,感作の成立する度合ははるかに高くなる。このSLSやLASのように,感作を助長するものをアジュバントadjuvantといっている。 接触アレルギーの成立後に再びアレルゲンが皮表または体内から表皮細胞に到達すると,アレルゲンの付着した表皮細胞を感作リンパ球が攻撃して溶解してしまう。…

※「アジュバント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アジュバントの関連キーワード補助機関活性化剤助士辛味補助参加ニコチンアミド当量比活性フィロキノン当量葉酸当量レチノール当量

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジュバントの関連情報