コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスワン県 アスワンAswān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスワン〔県〕
アスワン
Aswān

エジプト最南端の県。ナイル川に沿う地域。南部はスーダン国境,北部はキナー県,東西は砂漠に接している。都市への人口流出が大きい。主要都市は県都アスワンイドフコームオンボー。サトウキビの栽培が盛んな地方で,製糖業が盛ん。特にイドフの製糖工場には日本製の最新式の機械が設置されている。また豊富な電力を利用した化学肥料工場がある。近年鉄鉱石が採掘され,ここからヘルワンの製鉄所へ鉱石が運ばれている。 1902年にアスワン・ダムが造られ,その上流に,70年アスワン・ハイダムが完成。付近にはアブシンベル神殿をはじめとする古代遺跡が豊富で,ダム建設と遺跡保存が問題となった。面積 679km2。人口 88万 3000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アスワン県の関連キーワードアブアブシンベル

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android