コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスワン遺跡 アスワンいせきAswān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスワン遺跡
アスワンいせき
Aswān

エジプト,ナイル川第1急流のアスワンを中心とした古代エジプトの遺跡群。アスワンは古王国時代からヌビア支配の根拠地として栄え,ヌビアの金,毛皮,香料,奴隷などがファラオの手に流れた。トゥトモス3世,ラムセス2世,アレクサンドロス2世の神殿やナイル川の水位をはかるナイロメーターのあるエレファンティン島,イシス神殿のあるフィラエ島,ナイル左岸の古王国時代から中王国時代の地方豪族の墓群,ナイル右岸の「切りかけのオベリスク」と「オシリス像」がある2つの石切り場などが,そのおもな遺跡である。アスワンダムと 1970年に完成したアスワン・ハイダムによって,アスワンからスーダン領第3急流にいたる数多くの遺跡が水没するところとなった。これに先立ってエジプトとスーダン政府はユネスコに呼びかけ,各国調査隊の協力により,65年までにアスワンから上流の水没地域で,先史時代からビザンチン時代にいたる莫大な遺跡を発掘調査した。フィラエ島のイシス神殿も,また著名なアブシンベル神殿同様に別の場所へ解体移築された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android