コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセンブリッジ Assemblage

翻訳|Assemblage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセンブリッジ
Assemblage

現代美術用語。異質な素材の寄せ集めと組合せによって作品を作り出す技法。アッセンブラージュともいう。キュビズムのパピエ・コレに起源をもつ。フランスの画家 J.デュビュッフェが自作について初めて用いたが,1961年にニューヨーク近代美術館で開かれた「アセンブリッジの芸術展」以来広く用いられるようになった。同展ではアセンブリッジを「主として寄せ集められたもの。部分的であれ全体であれ,その構成要素はすでに形の決っている自然物,人工の材料,物体,芸術の素材であることを考慮しない断片などである」と定義づけている。複合素材による作品はすべてアセンブリッジということもできる。 20世紀美術の典型的な技法といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アセンブリッジの関連キーワードアッサンブラージュアサンブラージュラウシェンバーグニーベルスンキーンホルツチェンバレンエスコバル現代美術オブジェカプロー廃品芸術環境芸術コーネルパピエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android