コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼムシロ

百科事典マイペディアの解説

アゼムシロ

ミゾカクシとも。キキョウ科の多年草。日本全土,アジア東〜南部に分布し,田の畔(あぜ)や湿地に群生する。茎は枝分れして地面をはい,高さ約15cm,狭い長楕円形の葉を互生する。
→関連項目湿生雑草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゼムシロ
あぜむしろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアゼムシロの言及

【サワギキョウ(沢桔梗)】より

…有毒物質ロベリンlobelineを含むが,若芽をゆでて煮こぼし,さらしてから食用にすることもある。同属のミゾカクシL.chinensis Lour.(一名アゼムシロ)は,田のあぜや溝のそばなどの湿った所に生育する匍匐(ほふく)性の多年草で,花は葉腋(ようえき)に1個ずつつき,白色。全草にロベリンを含み,生薬では半辺蓮(はんぺんれん)と呼ぶ。…

※「アゼムシロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アゼムシロの関連キーワードミゾカクシ(溝隠)蓮華蔓菊唐草唐草畑筵溝隠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android