アティラウ(英語表記)Atyrau/Атырау

デジタル大辞泉の解説

アティラウ(Atyrau/Атырау)

カザフスタン西部、アティラウ州の都市。同州の州都。旧称グリエフカスピ海北岸、ウラル川河口部に位置する。17世紀半ばにロシア商人グリエフが砦を築き、交易拠点としたことに起源する。ウラルエンバ油田の中心地であり、1930年代に港湾都市、工業都市として発展した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アティラウ
あてぃらう
Атырау Atrau

中央アジア、カザフスタン共和国アティラウ(旧グリエフГурьев/Gur'ev)州の州都。1992年に、グリエフからアティラウに改称された。カスピ海北岸、ウラル川の河口近くに位置する港湾都市。人口14万2500、州人口は44万0300(1999)。カスピ海海上交通の要地であり、ロシアのアストラハン、オルスクに通じる鉄道の起点でもある。ウラル・エンバ油田の中心地で、オルスクとの間には石油輸送パイプラインがある。石油化学、建築資材、食肉・魚缶詰などの工業が発達。1640年に商人グリエフが交易市として創設し、カスピ海漁業の中心地であったが、1930年代に石油産業が発達し、工業都市へと変貌(へんぼう)した。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android