コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディティ Aditi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アディティ
あでぃてぃ
Aditi

古代インドの女神。もとは「無拘束、自由、無垢(むく)、無限」を意味する普通名詞で、その個性はかならずしも明らかではない。おそらくは無限の空間、天界、大地、あるいはそれらをも超えたものを意味していたであろうと思われる。諸神の母、とりわけアーディティヤ神群の母として、これらアーディティヤより逆に想定された女神と考えられる。アーディティヤ神群のなかには、ベーダの神界で重きをなした律法神バルナ、契約神ミトラをはじめとして、款待の神アリヤマン、分配・幸運の神バガ、配当の神アンシャ、意力の神ダクシャらが含まれている。[原 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android