コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディロンダク山地 アディロンダクさんちAdirondack Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アディロンダク山地
アディロンダクさんち
Adirondack Mountains

アメリカ合衆国,ニューヨーク州の北東部の山地。1609年,フランス人探検家サミュエル・ド・シャンプランが到達した。アディロンダクとは「木を食う人」の意で,この地方のインディアンによって名づけられたもの。東はシャンプレーン湖,北はセントローレンス川,南はモホーク川によって区切られる。アパラチア山系の一部ではなく,地質学的にはカナダのローレンシア高地(→カナダ楯状地)と関連している。浸食が進み,最も高いところを除いて氷河堆積物に覆われている。最高点は 1629m。1892年アディロンダク州立公園に指定され,州の法律によって,かつて重要であった林業も制限を受けた。人口密度も,ニューヨーク州の他の地域と比較してきわめて低い。気候は,冬は乾燥して寒いが,夏は山風が吹いてしのぎやすい。キャンプ,水泳,カヌー,スキーなどのレクリエーションの適地で,サラナック湖やプラシド湖周辺には保養所が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android