コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトゥム Atum

世界大百科事典 第2版の解説

アトゥム【Atum】

古代エジプトの創造神でヘリオポリスの九柱神の筆頭。ヘリオポリス神学によれば原初の丘(ピラミッド文書ではベヌ神殿の〈ベンベン石〉)に立ち,ただひとりでつばを飛ばし,ないしは自慰によってシュー(空気の神)とテフヌート(湿気の神)を生んだ。かくして無秩序な混沌の海ヌンより天地創造のための秩序を創り出した。太陽神と同化しケペリラー・アトゥムとなり,日の出の若い太陽をケペリ,天頂にあって世界を支配する太陽をラー,日没の生気のない太陽をアトゥムが表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アトゥムの関連キーワードベルゲングリューンエピデンドルムエジプト神話スカラベテフヌトネイトピトンサイスゲブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アトゥムの関連情報