コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトゥム(英語表記)Atum

世界大百科事典 第2版の解説

アトゥム【Atum】

古代エジプトの創造神でヘリオポリスの九柱神の筆頭。ヘリオポリス神学によれば原初の丘(ピラミッド文書ではベヌ神殿の〈ベンベン石〉)に立ち,ただひとりでつばを飛ばし,ないしは自慰によってシュー(空気の神)とテフヌート(湿気の神)を生んだ。かくして無秩序な混沌の海ヌンより天地創造のための秩序を創り出した。太陽神と同化しケペリラー・アトゥムとなり,日の出の若い太陽をケペリ,天頂にあって世界を支配する太陽をラー,日没の生気のない太陽をアトゥムが表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android