自慰(読み)じい(英語表記)Infantile masturbation

六訂版 家庭医学大全科「自慰」の解説

自慰
じい
Infantile masturbation
(子どもの病気)

どんな病気か

 乳幼児が陰部を触ったり、何かに押しつけたり、あるいは足を閉じて力を入れるような行動で、自らの陰部に刺激を与える行為です。成人の自と異なり、性的な意味はありません。

原因は何か

 乳児は、自分の体のいろいろなところを触って、自分の体のつくりと動きを確認します。指しゃぶりや足先なめ、手をじっと見るハンドリガードは、そうした探索行動と考えられます。乳幼児の手の届くところにちょうどあるのが陰部であるために、性器いじりもそうした探索行動と考えられます。そうした性器いじりをしている時に、独特の感覚が生じ、それを繰り返して行うのだと考えられます。

症状の現れ方

 繰り返し陰部や性器を触ったり握ったりする行動のほか、着衣の上から陰部を家具などに押しつけたり、足を硬く閉じて力を入れ性器や陰部を圧迫したりします。同時に全身に力を入れ、顔を赤くしたりします。

治療の方法

 伝統的に自慰は悪い行いであると考えられていることもあり、乳幼児の自慰行為に性的な意味を与えがちですが、前述のように性的な意味はありません。叱ったりせず、何かほかのことに興味を移すよう誘導することがすすめられています。しかし、そうしなければ乳幼児の性的発達に悪影響が出るわけではありません。

榊原 洋一

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「自慰」の解説

自慰
じい
masturbation

性交によらず自分の性器を直接に刺激することによりオルガスムスを得ようとする行為で、オナニー、オナニスムともいう。多くは手によって性器を刺激し、手淫(しゅいん)ともいうが、手以外の器具を使用することもある。自慰をする際は性的空想を伴うのが普通である。

 自慰は思春期以後の性の成熟過程でごく自然に体験するもので、肉体的になんらの障害も与えず、性的欲求を満足させ、性的興奮を解放するという面からみれば、悪い行為とはいえない。自慰を罪悪視する考えが過去にあり、自慰に後ろめたい気持ちを感ずる人も少なくないが、この罪悪感こそがむしろ有害であり、自慰への偏見を生み出している。しかし、ときには知的障害などの病状に伴って抑制のない過度の病的自慰がみられることがあるので注意する。また、耽溺(たんでき)のあまり、体に危険な器具を使って尿道損傷をおこすこともある。

[白井將文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「自慰」の解説

じ‐い ‥ヰ【自慰】

〘名〙
① みずからなぐさめること。自分で自分をなぐさめて安心すること。
※鎖国論(1801)下「僅に残れる蔭を頼みて自奉自慰して、苟くも満足するのみなり」 〔嵆康
② 性交によらず、みずから性器を刺激することによって性欲の満足を得る行為。手淫。自涜。オナニー。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉二「自慰(ジヰ)をやるとか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「自慰」の解説

自慰
じい
masturbation; onanism

マスターベーション,オナニーともいう。手または性器の形をそなえた器具などによって,自分の性器を刺激し,性感を得ること。性的空想を伴うのが一般的であり,自慰そのものの行為は一般に無害であるが,罪悪感が高じた場合などには,性的神経症に陥ることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「自慰」の解説

じ‐い〔‐ヰ〕【自慰】

[名](スル)
自ら慰めて安心すること。
自分の性器を自分で刺激して性欲を満たすこと。手淫。自涜じとく。マスターベーション。オナニー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「自慰」の解説

じい【自慰 masturbation】

手淫,オナニーOnanie(onanism,《創世紀》38:9にあるオナンの記事に由来),マスターベーションともいう。ナルシシズムとともに自己愛の一種とされ,広くは他人なしに行う性的行為を指すが,普通は,性交相手なしに自己の生殖器(男子では亀頭,陰茎,女子では陰核,陰唇,腟口など)の直接刺激によって性的興奮を得ることをいう。直接刺激の方法としては手が用いられるが,その他器具を用いても行われる。一般には性的空想をしながら行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「自慰」の解説

【自慰】じい(ゐ)

自ら慰める。〔琴の賦〕の懿(いぼ)なるを(よみ)し、(こ)のを詠じて以て自ら慰む。永くして厭(あ)かず、(まこと)に古今の貴しとするなり。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android