コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトバサル Atbasar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトバサル
Atbasar

カザフスタン中北部,アクモラ州の都市。州都アスタナの西北西約 240kmにある。 1846年コサック村落として建設され,ソ連時代に発展。地元の農産物を加工する食品工業,建設資材工業がある。鉄道分岐点。人口4万 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android