コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクモラ州 アクモラAqmola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクモラ〔州〕
アクモラ
Aqmola

カザフスタン中北部の州。旧称ツェリノグラード。州都アスタナ。カザフ丘陵北西部を占め,ステップ (北部) と半砂漠 (南部) 地帯から成る。乾燥した大陸性気候で,年降水量 300mm。旧ソ連の農業地域の1つとして知られ,1950年代後半の処女地開拓政策により,穀物の大生産地となった。主要農作物はコムギ,オオムギカラスムギ,ジャガイモであり,ウシ,ヒツジ,家禽の飼育も盛んである。イシム川とその支流が流れ,多くの湖があるので漁業も行われる。鉱工業では金,アンチモンなどの採掘,農業機械,建設資材,食品などの製造がおもなものである。州内の主要交通路は東部のアスタナと西部のアトバサルを中心に放射状に延びる鉄道,ハイウェーである。面積 12万 4600km2。人口 79万 3900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アクモラ州の関連キーワードテンギズ湖サリャルカアクモラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android