アトランティック・マンスリー(英語表記)Atlantic Monthly

世界大百科事典 第2版の解説

アトランティック・マンスリー【Atlantic Monthly】

1857年アメリカのボストンでJ.R.ローエル編集で創刊された月刊誌。誌名をつけた定期寄稿者O.W.ホームズエッセー・シリーズ《朝食のテーブルの独裁者》その他は好評を博した。はじめはニューイングランドを中心とした文芸雑誌の性格が強かったが,南北戦争のころから政治・時事問題を扱い,戦後はオハイオ生れのW.D.ハウエルズ主筆(1871‐81)となり文化的広がりを与えた。20世紀に入ってからは文学的個性は少なくなり,時局ものに重きを置いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android