コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドウエア adware

デジタル大辞泉の解説

アドウエア(adware)

コンピューターソフトウエアの一。操作画面に広告を強制的に表示する代わりに、無料で利用できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

アドウエア

パソコンの画面に強制的に広告を表示するプログラムです。ソフトを無料で使わせる代わりに、その画面に広告を出したり、ウェブサイトでサービスを提供する代わりに広告ページをポップアップ画面に出したりするものがあります。悪意のないものも多いのですが、ウイルスとの線引きが難しいものもあります。セキュリティ・ソフトの中には広告表示を遮断するものがありますし、ウイルスやスパイウエアの対策ソフトによっては、アドウエアを検出すると除去することがあります。
⇨コンピュータ・ウイルス、スパイウエア

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

大辞林 第三版の解説

アドウエア【adware】

広告表示によって収入を得るソフトウエアの総称。狭義には、フリーウエアと共にインストールされ、ブラウザー利用時に広告を自動的に付加するソフトをさす。 → スパイウエア

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アドウエアの関連キーワードオンライン・ソフトマッドウエアAdware

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android