アドラストス(英語表記)Adrastos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドラストス
Adrastos

テーベを攻めた7将に率いられるアルゴス軍の総大将として知られるギリシア神話の英雄。アルゴス王であった彼は,テーベから亡命してきたオイディプスの子ポリュネイケスを娘のアルゲイアの婿に迎え,彼が兄弟のエテオクレスの手から王位を取戻すのを助けるため,この遠征を起した。しかし結果は無残な失敗に終り,ポリュネイケスをはじめ6人の大将が討死にをとげ,ただアドラストスだけが駿足の神馬アレイオンのおかげで,かろうじて逃げ帰ることができた。 10年後にアドラストスは,エピゴノイと呼ばれる7将の息子たちによって企てられた遠征に参加し,今度はアルゴス勢の大勝利で終ったが,エピゴノイたちのうち,ただ彼自身の息子アイギアレウスだけが戦死したため,帰国の途中で傷心のあまり死んだという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アドラストス【Adrastos】

ギリシア伝説のアルゴス王。アイスキュロスの悲劇で名高い〈テーバイ攻めの七将〉の総帥。オイディプスの子ポリュネイケスPolyneikēsをその祖国テーバイに王たらしめんと,七将の頭として軍を進めたが,大敗を喫し,彼1人が生還した。10年後,彼は戦死者の息子たちを率いて再びテーバイを攻め(エピゴノイ―後裔―の遠征),先の敗戦の雪辱をとげたが,みずからの息子を討たれ,悲嘆のうちに世を去った。テーベ伝説【水谷 智洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアドラストスの言及

【アンフィアラオス】より

…ギリシア伝説で,アルゴスの英雄,予言者。義兄のアルゴス王アドラストスがテーバイ攻めを企てたとき,その失敗とみずからの死を予見したアンフィアラオスは従軍に気乗りがしなかったが,妻の要求に負け,2人の子アルクマイオンとアンフィロコスAmphilochosに,いつか母を殺して父の仇を討つよう言い残して出征,大地の裂け目にのまれて世を去った。アッティカ地方のオロポスには,夢占いで名高い彼の神殿があった。…

※「アドラストス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android