傷心(読み)ショウシン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しん〔シヤウ‐〕【傷心】

[名](スル)心にいたでを受けて悲しい思いに沈むこと。また、悲しみに傷ついた心。「傷心の日々を送る」「友の死に傷心する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしん【傷心】

( 名 ) スル
悲しみに心をいためること。また、きずついた心。 「 -を慰める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しん シャウ‥【傷心】

〘名〙 を痛めること。いたでを受けて悲しく思うこと。また、悲しみついた心。心痛
※田氏家集(892頃)上・七月一日「今朝何事殊驚愕、応是傷心第一秋
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「暫時(しばし)の別離も彼此共に限りなき傷心(シャウシン)の種子とはなりけるなり」 〔司馬遷‐報任安書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傷心の関連情報