アドルフ ウィンダウス(英語表記)Adolf Windaus

20世紀西洋人名事典の解説

アドルフ ウィンダウス
Adolf Windaus


1876.12.25 - 1959.6.9
ドイツ有機化学者。
元・ゲッティンゲン大学教授。
ベルリン生まれ。
初め医学を志すがベルリン大学フィッシャーに有機化学を学び、天然物有機化学に転向する。1913年インスブルック大学医化学教授を経て、’15年ゲッティンゲン大学教授となる。ステリン類とビタミンの研究に貢献し、1928年ノーベル化学賞を受賞する。その他コレステリンの構造に関する研究や心臓薬の研究などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android