コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバカ・ハン(阿八哈汗) アバカ・ハンAbaqa Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバカ・ハン(阿八哈汗)
アバカ・ハン
Abaqa Khān

[生]1234
[没]1282. ハマダーン
イランのモンゴル王朝,イル・ハン国の第2代ハン (在位 1265~82) 。フラグ (旭烈兀) の長子。父の死後アミールたちの推戴でハン位を継ぎ,タブリーズを首都として同朝の支配体制を確立した。外交面ではビザンチン皇帝ミカエル8世と連合し,その娘マリアと結婚してエジプトのマムルーク朝シリアの領有をめぐって攻防を繰返したが,おおむね不利に終った。北方ではキプチャク・ハン国ノガイの軍を破ってデルベンドを確保し,東方ではハイドゥと結んだチャガタイ・ハン国のバラーク・ハンと戦い,ホラサンを守った。かねてより大酒の癖のあったアバカは,弟マング・チムルのシリアにおける大敗によってショックを受け,急死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アバカ・ハン(阿八哈汗)の関連キーワードアルグーン・ハン(阿魯渾汗)イスマーイール(亦思馬因)ラシード・ウッディーンバラク(八剌)イル・ハン表タブリーズ推戴

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android