コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバンガン abangan

1件 の用語解説(アバンガンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アバンガン【abangan】

あまり熱心でないイスラム教徒を指すジャワ語。熱心なイスラム教徒が白衣を着るため,彼らをジャワ語で〈白衣を着る人wong putihan〉と呼ぶのに対して,あまり熱心でない信者を〈赤衣を着る人wong abangan〉と呼ぶことから生じた言葉である。そのため,中部ジャワでは人をおとしめるニュアンスをもつ。この民俗概念からアメリカの文化人類学者ギアツが次のような分析概念を構成した。すなわち,アバンガンとはアニミズム的要素,ヒンドゥー・仏教的要素,イスラム教的要素からなるジャワの重層信仰(シンクレティズム)のうち,アニミズム的要素を強調する文化類型で,その担い手の社会層は,中・東部ジャワの農民層であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アバンガンの関連キーワードサラセンジンミームスリムレコンキスタイスラム帝国回教徒汎イスラム主義アザーンイスラム教のスカーフパキスタンとイスラム教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone