アバンガン(英語表記)abangan

世界大百科事典 第2版の解説

アバンガン【abangan】

あまり熱心でないイスラム教徒を指すジャワ語。熱心なイスラム教徒が白衣を着るため,彼らをジャワ語で〈白衣を着る人wong putihan〉と呼ぶのに対して,あまり熱心でない信者を〈赤衣を着る人wong abangan〉と呼ぶことから生じた言葉である。そのため,中部ジャワでは人をおとしめるニュアンスをもつ。この民俗概念からアメリカの文化人類学者ギアツが次のような分析概念を構成した。すなわち,アバンガンとはアニミズム的要素,ヒンドゥー・仏教的要素,イスラム教的要素からなるジャワの重層信仰(シンクレティズム)のうち,アニミズム的要素を強調する文化類型で,その担い手の社会層は,中・東部ジャワの農民層であるとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android