コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビラ大聖堂 アビラダイセイドウ

1件 の用語解説(アビラ大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アビラ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【アビラ大聖堂】

Catedral del Salvador de Ávila》スペイン、カスティーリャ‐レオン州の都市アビラにある大聖堂。12世紀から16世紀にかけて建造され、ロマネスクゴシック両様式が見られる。かつて、旧市街を取り囲む城壁の一部として防備の役割を担わされた。1985年「アビラの旧市街と城壁外の教会群」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。アービラ大聖堂。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アビラ大聖堂の関連キーワードカテドラル山delete keyエトナ[山]ゲーデルの不完全性定理オブラドイロ広場カンピドリオ広場カンポ広場ココス島ココ島ドラック洞窟

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone