コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アピアヌス Petrus Apianus

1件 の用語解説(アピアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アピアヌス【Petrus Apianus】

1495‐1552
ドイツの数学者,宇宙誌家。本名Peter Bienewitz,アピアヌスはラテン名。ザクセンのライスニヒで生まれ,ライプチヒ大学で数学を学ぶ。多くの地図,数学書,宇宙誌を著し,天文観測器具を作製したが,ランツフートで刊行された《宇宙誌Cosmographicus liber》(1524)は,1609年にいたるまでほぼ60版を重ね,S.ミュンスターのそれと並びコペルニクス説以前の代表的な宇宙誌とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アピアヌスの関連キーワードザビエル土佐光信六角定頼六角定頼六角定頼ロンサールバンテン王国非核平和都市宣言真盛ルートウィヒ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone