コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アファナシエバ文化 アファナシエバぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

アファナシエバぶんか【アファナシエバ文化】

ロシア,南シベリアのミヌシンスクおよびアルタイ両地方に分布する,前3千年紀中葉~前2千年紀初頭の亜新石器(金石併用時代)文化。ハカス自治州バテニ村近くのアファナシエバAfanas’eva山の埋葬墓からその名がとられた。出土人骨はパレオ・ユーロペイド型に属する。集落址,環状列石をもつ埋葬墓が知られ,埋葬墓は環状列石をもつ墳丘墓にかわる。遺体は1体ないし複数体だが,2体のものはまれである。牧畜をおこない,農耕の存在も可能性がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アファナシエバ文化の関連キーワードカラスク文化

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android