アファナシエバ文化(読み)アファナシエバぶんか

世界大百科事典 第2版「アファナシエバ文化」の解説

アファナシエバぶんか【アファナシエバ文化】

ロシア,南シベリアのミヌシンスクおよびアルタイ両地方に分布する,前3千年紀中葉~前2千年紀初頭の亜新石器(金石併用時代)文化。ハカス自治州バテニ村近くのアファナシエバAfanas’eva山の埋葬墓からその名がとられた。出土人骨はパレオ・ユーロペイド型に属する。集落址環状列石をもつ埋葬墓が知られ,埋葬墓は環状列石をもつ墳丘墓にかわる。遺体は1体ないし複数体だが,2体のものはまれである。牧畜おこない,農耕の存在も可能性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android