利器(読み)りき

精選版 日本国語大辞典「利器」の解説

り‐き【利器】

〘名〙
① 鋭利な兵器・武器。よく切れる刃物。
※菅家文草(900頃)七・右大臣剣銘「利器惟服、飛揚在腰」 〔書経伝‐説命上〕
② 便利な器具・機械。利用すべきもの。役に立つすぐれたもの。〔新令字解(1868)〕
※新聞雑誌‐四〇号報告・明治五年(1872)四月「里没奈垤(リモナーデ)及び名酒を製造する利器」 〔管子‐覇言〕
③ 役に立つ才能。英才。
※文明本節用集(室町中)「文徳者帝王之利器(リキ)、武功者文徳之輔助也〔漢書〕」 〔後漢書‐虞詡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利器」の解説

り‐き【利器】

鋭利な刃物。鋭い武器。
便利な機械・器具。「文明の利器
すぐれた才能。
「多々益々弁ずるの―ならんや」〈小林雄七郎・薩長土肥〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android