アフター・マーケット(英語表記)after market

流通用語辞典の解説

アフター・マーケット【after market】

商品の販売後に発生する種々のサービスのマーケット機会。従来、産業用・業務用財では、エレベーターコンピュータなどのメンテナンスがアフター・マーケットとしてあったが、家庭用耐久財にもアフター・マーケットが発生している。アフター・マーケットを分類すると、自動車にみられるような維持・管理のためのメンテナンス・サービス市場、家電などを中心とした修理市場、パソコン・ソフト、ビデオ・ソフトなどのソフト需要がある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android