コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフメト・パシャ Ahmet Paşa Humbaracı

世界大百科事典 第2版の解説

アフメト・パシャ【Ahmet Paşa Humbaracı】

1675‐1747
フランスの貴族。本名クロード・アレクサンドル・ド・ボンバルClaude Alexandre de Bonneval。フランス,後にオーストリアで軍務についたが,1729年にオスマン帝国に亡命し,イスラムに改宗してアフメトと名のった。オスマン朝に仕えて,砲兵隊の改革に尽力し,パシャの称号を得,〈砲兵フンバラジ〉の異名を得た。晩年,フランスへの帰国の方途を求めたが,イスタンブールで没した。【鈴木 董】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアフメト・パシャの言及

【トルコ文学】より

… 中期(16~17世紀)には,アラビア・ペルシア語彙を多く含むオスマン文語が形成され,アゼルバイジャン語文学,チャガタイ語文学からの影響も受けて,オスマン朝古典文学が完成された。詩文学はアフメト・パシャAḥmed Paşa(?‐1497)によって開発された古典的手法が,ネジャーティ(?‐1497)によって確立され,ザーティ(?‐1546),ルーヒー(1526‐1600),バーキー,ヤフヤー(1552‐1643)らによって開花した。教訓詩,物語詩,風刺詩など種々のジャンルを含むが,最も重要なのは抒情詩である。…

※「アフメト・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アフメト・パシャの関連キーワードキョプリュリュ家7月14日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android