コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ的社会主義 アフリカてきしゃかいしゅぎ

1件 の用語解説(アフリカ的社会主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アフリカ的社会主義【アフリカてきしゃかいしゅぎ】

第2次世界大戦後のブラック・アフリカにおける独立と国家建設のための開発型社会主義の総称。そのタイプはさまざまであるが,いずれも〈アフリカの共同体社会には社会主義的伝統が存在していた〉という認識に立ち,そうした伝統を現代的に復元して国家建設のイデオロギー的,制度的基礎に据えようと目指している点で,他の社会主義と異なる。
→関連項目アフリカアルーシャ宣言ニエレレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アフリカ的社会主義の関連キーワードブラック・アフリカアフリカ菫アフロ世界大戦ブラックアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義BIS(Bank for International Settlements)パックス・アメリカーナ(parabolic)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ的社会主義の関連情報