コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ社会主義 アフリカしゃかいしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ社会主義
アフリカしゃかいしゅぎ

植民地化される以前のアフリカに存在していた共同土地所有制などの社会主義的伝統と,近代的テクノロジーを融合した社会主義。旧植民地宗主国の体制である資本主義と対峙することによって,精神的にも植民地脱却をはかる意義をもっていた。アフリカ社会主義にはタンザニアニエレレが実施した農業を基盤としたウジャマー社会主義,セネガルサンゴールが主唱する社会主義的人道主義,ガーナのエンクルマのアフリカ的マルクス主義など多様であった。しかし,現在は,アフリカ諸国の多くが部分的あるいは全面的に社会主義を放棄しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフリカ社会主義の関連キーワードアフリカ社会主義インターケニア・アフリカ民族同盟J.K. ニエレレウガンダ人民会議アルーシャザンビア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android