コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリマン Ahriman

百科事典マイペディアの解説

アフリマン

ゾロアスター教の神格。アベスター語ではアンラ・マンユAngra Mainyuで,アフリマン(アーリマン)はその中世語形。元来,最高神アフラ・マズダの下にあって聖霊スパンタ・マンユと対立する破壊霊,のちアフラ・マズダと直接対立する悪と暗黒の神とされた。
→関連項目ゾロアスター教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリマン
あふりまん
Ahriman

アーリマンともいわれた。ゾロアスター教における暗黒の霊アングラ・マインユの中世ペルシア語名。光明神アフラ・マズダーオフルマズド)と対立し、反対の概念を表す。アフラ・マズダーが善や知恵の神格化であるのに対し、アフリマンは邪悪や無知をその性質としている。無知ゆえに、アフラ・マズダーと戦う手段として、あらゆる邪悪なものを創造した。[山本由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリマンの言及

【アフラ・マズダ】より

…〈英智(マズダー)の主(アフラ)〉の意。ゾロアスター自身の教えでは創造神,最高神であったが,ササン朝期の二元論的教義においては,悪と暗黒の邪神アフリマンAhrimanと対立する善と光明の神と位置づけられるようになった(当時はオフルマズドと発音)。その神像は王冠をいただいた,飛翔する有翼の人物として表現され,ビストゥン,ペルセポリスなどにその例が見られる。…

【イラン神話】より

…以下,錯綜(さくそう)するイランの神話世界――古代においては神話とはしばしば教義と同一である――を,便宜上宇宙論と終末論に分けて概観する。
[宇宙論]
 ササン朝期の中世ペルシア語文献によれば,イランの歴史的時間は1万2000年よりなり,これはさらに善神オフルマズド(アフラ・マズダの中世語形)と悪神アフリマンとの戦いの様相によって,四つの時期に等分される。この世界の初めにおいては,オフルマズドの上方の光明界とアフリマンの下方の暗黒界とは,虚空によって完全に分離されて存在していた。…

【ゾロアスター教】より

…これに反して,ゾロアスターの死後の第2段階では,アベスターのヤシュト書に見られるように,インド・イラン共通時代の神々(ミスラ,アナーヒターなど)がゾロアスター教のパンテオン中に復活した。第3段階のササン朝期の二元論的教義では,アフラ・マズダ(中世語形でオフルマズドOhrmazd)はスパンタ・マンユと同一視され,直接アフリマンAhriman(アンラ・マンユの中世語形)と対立することになった。この結果,両者をともに超越する根本原理として,ズルバーンZurvān(時)を定立する,いわゆるズルバーン教が勢力を得た。…

※「アフリマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフリマンの関連キーワードアングラマイニュアフラ・マズダアフラマズダーミトラ(神)山本由美子イマ悪魔

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android