コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフロ・キューバン音楽 あふろきゅーばんおんがく

1件 の用語解説(アフロ・キューバン音楽の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフロ・キューバン音楽
あふろきゅーばんおんがく
Afro-Cuban music

アフリカ系キューバ人による音楽。アフリカ伝統音楽の影響は、呪術(じゅじゅつ)信仰のための儀礼音楽に色濃く残されているが、スペイン音楽などとの混交により、キューバ独特の新しいリズムないしは舞踊を伴う音楽も生み出された。そのなかには、ボレロ、ハバネラ、ルンバ、チャチャチャ、マンボ、ダンソンdanzn、グアラーチャguaracha、ソンson、パチャンガpachangaなどが含まれ、ラテンアメリカのみならずヨーロッパやわが国に広まったものも多い。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアフロ・キューバン音楽の言及

【ジャズ】より

…多くの研究家がジャズと西アフリカの音楽との関連を探ろうとして失敗したのは,ラテン・アメリカ時代の100年を考慮に入れなかったことと,ジャズが著しくヨーロッパ音楽寄りに発展したためであろう。アフリカからの音楽は,キューバでスペイン音楽と混じってアフロ・キューバン音楽を作り出し,フランス領ハイチではシャンソン・クレオールchanson creoleを作った。そしてこれらを通してアメリカへ渡り,ヨーロッパ音楽との出会いによってジャズとなった。…

※「アフロ・キューバン音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone