まんぼ

大辞林 第三版の解説

まんぼ

〔坑道を意味する「間符まぶ」に由来するものか〕
三重県鈴鹿市の内部うつべ川扇状地や岐阜県垂井たるい町の扇状地で灌漑に用いた、地下水の集水トンネル。規模は小さいが、カナートに類似する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のまんぼの言及

【井戸】より

…カナートの規模は,母井戸の深さ50m以下,トンネルの長さ5km,湧出量100m3/h以下が大部分を占めるが,長さ10kmを超えるものもある。日本では,集水トンネルは〈まんぼ〉と称せられ,三重県鈴鹿山麓や,淡路島の一部,奈良県葛城扇状地などにみられる。〈まんぼ〉という名は坑道を意味する〈まぶ〉に由来するとの説がある。…

【垂井[町]】より

…中京と関西を結ぶ交通の要衝にあたり,大垣市の西隣に位置するため機械,金属,繊維などの工場が進出している。早くから開けた米作地帯で,水田にはまんぼと呼ばれる地下水を集める横井戸がみられる。洋ラン,干しガキ,茶が特産。…

※「まんぼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まんぼの関連情報