コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルアターヒヤ Abū al‐‘Atāhiya

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルアターヒヤ【Abū al‐‘Atāhiya】

748から750‐825から828
アッバース朝期の詩人。アナザ族に属し,メディナ近郊に生まれ,クーファで育つ。壺職人をしていたが,詩才を認められ,バグダードの宮廷詩人となる。失恋を契機に,それまでの楽天的,恋愛主体の詩風から一変して,憂うつで悲観主義的な作風になる。この変化は彼を懐疑的・哲学的敬虔主義者に深め,平易な語法ながら,民衆にも理解可能な宗教詩を作り,後世,その分野の第一人者として仰がれている。【堀内 勝】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・アルアターヒヤの関連キーワードベオルンウルフ中所得国合併洞山良价アブル・アターヒヤ鋳銭司(ちゅうせんし 日本史)南詔国立国会図書館災害と税石上乙麻呂

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android