コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルアターヒヤ Abū al‐‘Atāhiya

1件 の用語解説(アブー・アルアターヒヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルアターヒヤ【Abū al‐‘Atāhiya】

748から750‐825から828
アッバース朝期の詩人。アナザ族に属し,メディナ近郊に生まれ,クーファで育つ。壺職人をしていたが,詩才を認められ,バグダードの宮廷詩人となる。失恋を契機に,それまでの楽天的,恋愛主体の詩風から一変して,憂うつで悲観主義的な作風になる。この変化は彼を懐疑的・哲学的敬虔主義者に深め,平易な語法ながら,民衆にも理解可能な宗教詩を作り,後世,その分野の第一人者として仰がれている。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・アルアターヒヤの関連キーワード合併災害と税石上乙麻呂山田敦彦アラブ文学アラビア文学イスラム文化グライダー競技西アジア史エス・バイ・エル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone