アベリノ(英語表記)Avellino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベリノ
Avellino

イタリア南部,カンパーニア州アベリノ県の県都ナポリの東約 45km,周囲を南アペニン山脈に囲まれた段丘上に位置する。古代ヒルピニ人の町であったが,ローマ植民地となり,8世紀にランゴバルド人に占領され,中世には封建領主領となる。聖堂を囲んで旧市街があり,市の中心には城の廃虚がある。城壁の外に広い並木道路のある近代的な都市が発達。農業とワイン醸造と製粉業が主要な産業で,フェルトの帽子と毛織物もつくられ,近くに硫黄鉱床がある。 1980年 11月 23日地震により大きな被害を受けた。人口5万 4343 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android