コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポ[山] アポ

2件 の用語解説(アポ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アポ[山]【アポ】

フィリピンのミンダナオ島南部,ダバオ市の南西にある火山。標高2954mでフィリピン最高峰。かつては北隣のタロモ山と同じ一つの火山であったが,爆発によって頂上部を失い,その後の爆発により別々の山になったと考えられる。
→関連項目ミンダナオ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アポ[山]【Mount Apo】

フィリピン,ミンダナオ島南部,ダバオ市と北コタバト州の境界にまたがってそびえる火山。標高2954m,フィリピンの最高峰である。古くはすぐ北のタロモ山(2693m)を含む一つの大きな火山であったが,大爆発により山頂部を失い,その後の小爆発で別々の頂上ができたと考えられる。アポの名は土着語のアプイ(火の意)に由来するとも言われる。付近一帯は国立公園,東麓斜面にはマニラアサバナナ農園がひらける。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアポ[山]の言及

【フィリピン】より

…なお,構造線としては北北西~南南東と北北東~南南西の2方向が認められる。ミンダナオ島中央高地南部には群島最高峰の活火山アポ山(2954m)がそびえ,ルソン島南部からビコル半島にかけての火山地帯には二重カルデラで有名なタール湖,世界的なコニーデで知られるマヨン山(2417m)がある。またルソン島のカガヤン谷,中部ルソン平野,ミンダナオ島のコタバト平野,ブキドノン台地,パナイ島のイロイロ平野,ネグロス島西海岸平野などが重要な農業地帯を形成する。…

※「アポ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アポ[山]の関連キーワードダバオフィリピン海フィリピン海溝ミンダナオ島フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲MNLFフィリピン毛頭虫感染新人民軍(NPA)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone