コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポミクシス アポミクシスapomixis

翻訳|apomixis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポミクシス
apomixis

配偶子の合着なしに起る生殖の総称。配偶子の合着による有性生殖をアンフィミクシス amphimixisというのに対する言葉。普通には単為生殖などを意味するが,広義には,たとえば卵細胞以外の助細胞のような配偶体細胞が受精せずに,胞子体を生じるアポガミー (無配生殖) や,シダが胞子の発生によらず胞子体の栄養細胞から前葉体をつくる無胞子生殖 aposporyをも含める。アポミクシスによって生じた個体をアポミクトという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアポミクシスの言及

【栄養系】より

…最近,細胞・組織培養技術を利用してクローンが作られ,品種改良に利用されると同時に,分子生物学の分野でもよく利用されるようになった。なお,植物では無性的に種子ができて繁殖することがあるが,これはアポミクシスapomixisといい,栄養系には含めないことが多い。クローン【武田 元吉】。…

※「アポミクシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone