コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマリロ Amarillo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマリロ
Amarillo

アメリカ合衆国,テキサス州北西部の都市。オクラホマ州ニューメキシコ州の間に突出している地方にある。アマリロという呼称はおそらく,付近にみられる粘土質堆積物の特徴的な「黄色」を意味するスペイン語に由来。 1900年頃からコムギを主とする農業が盛んになり,20年には石油,天然ガスの諸産業が急速に成長した。市内や周辺地域には,政府のヘリウム工場や,空軍基地,軍刑務所,原子力企業などがある。ウェストテキサス州立大学 (1910創立) がある。人口 19万695(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマリロ【Amarillo】

アメリカ合衆国テキサス州北部の商工都市。人口16万5000(1994)。州最北部のパンハンドルPanhandle地区(オクラホマ州の中にフライパンの柄のように細長く入りこんだ部分)に位置する。1887年,鉄道建設とともに町が形成され,肉牛の積出地となった。1918年の天然ガスと21年の石油発見によって石油産業が発達し,現在では,さらに食肉缶詰,製粉,亜鉛精錬,ヘリコプター製造,合成ゴム工業が加わっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマリロ
あまりろ
Amarillo

アメリカ合衆国、テキサス州北部の商工都市。人口17万3627(2000)。州最北部のパンハンドル地域(フライパンの柄のように細長い地域)に位置する。1918年の天然ガスと1921年の石油発見以来、工業が盛んとなり、石油産業のほか、食肉缶詰、製粉、亜鉛精錬、ヘリコプター製造、合成ゴムの工業が加わった。1887年の鉄道建設とともに町が形成され、肉牛の積出し地となった。20世紀になって小麦市場、工業都市へと変化した。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アマリロの関連キーワードドリー(Jr.) ファンクジーン・P. エステスハービー ハーパーダニー エルフマンテリー ファンクシド シャリースアメリカ合衆国スミッソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android