コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマリロ アマリロ Amarillo

3件 の用語解説(アマリロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマリロ
アマリロ
Amarillo

アメリカ合衆国,テキサス州北西部の都市。オクラホマ州ニューメキシコ州の間に突出している地方にある。アマリロという呼称はおそらく,付近にみられる粘土質堆積物の特徴的な「黄色」を意味するスペイン語に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アマリロ【Amarillo】

アメリカ合衆国テキサス州北部の商工都市。人口16万5000(1994)。州最北部のパンハンドルPanhandle地区(オクラホマ州の中にフライパンの柄のように細長く入りこんだ部分)に位置する。1887年,鉄道建設とともに町が形成され,肉牛の積出地となった。1918年の天然ガスと21年の石油発見によって石油産業が発達し,現在では,さらに食肉缶詰,製粉,亜鉛精錬,ヘリコプター製造,合成ゴムの工業が加わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマリロ
あまりろ
Amarillo

アメリカ合衆国、テキサス州北部の商工都市。人口17万3627(2000)。州最北部のパンハンドル地域(フライパンの柄のように細長い地域)に位置する。1918年の天然ガスと1921年の石油発見以来、工業が盛んとなり、石油産業のほか、食肉缶詰、製粉、亜鉛精錬、ヘリコプター製造、合成ゴムの工業が加わった。1887年の鉄道建設とともに町が形成され、肉牛の積出し地となった。20世紀になって小麦市場、工業都市へと変化した。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマリロの関連キーワードダラステクサーカナブラウンズビルラボックアメリカンテキサスエル・パソフォート・ワースラレドレッド[川]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマリロの関連情報