コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ糖抗生物質 アミノとうこうせいぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノ糖抗生物質
アミノとうこうせいぶっしつ

ストレプトマイシンカナマイシンゲンタマイシンフラジオマイシンなどがある。広範囲抗菌スペクトルをもち,グラム陰性桿菌に対しても有効である。特に抗酸性菌 (結核菌) に有効で PASINAHと併用して結核の治療に使用される。消化管からの吸収は悪い。耐性が発現しやすい。副作用が強く,神経系障害として特に聴神経障害が著明である。過敏性反応には皮疹,皮膚炎,発熱があり,そのほか造血器障害,腎障害がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone