コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ糖抗生物質 アミノとうこうせいぶっしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノ糖抗生物質
アミノとうこうせいぶっしつ

ストレプトマイシンカナマイシン,ゲンタマイシン,フラジオマイシンなどがある。広範囲抗菌スペクトルをもち,グラム陰性桿菌に対しても有効である。特に抗酸性菌 (結核菌) に有効で PASや INAHと併用して結核の治療に使用される。消化管からの吸収は悪い。耐性が発現しやすい。副作用が強く,神経系障害として特に聴神経障害が著明である。過敏性反応には皮疹,皮膚炎,発熱があり,そのほか造血器障害,腎障害がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アミノ糖抗生物質の関連キーワードバイオマイシン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android