コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムッド人 アムッドじんAmud man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムッド人
アムッドじん
Amud man

イスラエルのアムッド洞窟から 1961~64年に鈴木尚を団長とする東京大学調査団により発見された更新世後期のネアンデルタール人 (旧人) 。1号人骨は身長約 178cmの成人男性でほぼ全身骨格が見つかっている。ほかに頭骨片と遊離歯がある。ヨーロッパのネアンデルタール人と化石新人類の両者に似た特徴をあわせもっているので,旧人類から新人類への移行過程にあった人類とみられている。中期旧石器文化を伴う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アムッド人【アムッドじん】

1961年,1964年にイスラエルのティベリアス湖北西の石灰洞アムッドAmud洞窟において東大調査団が発掘した,最末期のネアンデルタール人骨をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アムッドじん【アムッド人 Amud man】

西アジア,ガリレー(ティベリアス)湖畔のアムッド洞窟から発掘された,最末期のネアンデルタール人類。約3万5000年前のものとみなされる。1961,64年の2回にわたる東京大学西アジア洪積世人類遺跡調査団(団長,鈴木尚)により4個体分(アムッドI~IV)が発見され,そのうちIはほぼ完全であった。四肢管状骨から推定される身長は約175cmと高く,脳頭骨容量も1740ccで大きい。眼窩上隆起の発達はよく,額は強く後方に倒れ,頭蓋冠の湾曲は弱い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アムッド人の関連キーワードシャニダール遺跡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android