コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムッド人 アムッドじん Amud man

3件 の用語解説(アムッド人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムッド人
アムッドじん
Amud man

イスラエルのアムッド洞窟から 1961~64年に鈴木尚を団長とする東京大学調査団により発見された更新世後期のネアンデルタール人 (旧人) 。1号人骨は身長約 178cmの成人男性でほぼ全身骨格が見つかっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アムッド人【アムッドじん】

1961年,1964年にイスラエルティベリアス湖北西の石灰洞アムッドAmud洞窟において東大調査団が発掘した,最末期のネアンデルタール人骨をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アムッドじん【アムッド人 Amud man】

西アジア,ガリレー(ティベリアス)湖畔のアムッド洞窟から発掘された,最末期のネアンデルタール人類。約3万5000年前のものとみなされる。1961,64年の2回にわたる東京大学西アジア洪積世人類遺跡調査団(団長,鈴木尚)により4個体分(アムッドI~IV)が発見され,そのうちIはほぼ完全であった。四肢管状骨から推定される身長は約175cmと高く,脳頭骨容量も1740ccで大きい。眼窩上隆起の発達はよく,額は強く後方に倒れ,頭蓋冠の湾曲は弱い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アムッド人の関連キーワードヨルダン川ティベリアス湖ティベリアスティベリヤハマットティベリアスハマットティベリヤガリラヤ[湖]ティベリアス[湖]ガリレー人ティベリア式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone