コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木尚 すずきひさし

2件 の用語解説(鈴木尚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木尚
すずきひさし

[生]1912.3.24. 埼玉,鳩ヶ谷
[没]2004.10.1. 東京,文京
自然人類学者。東京大学医学部卒業後,人類学を専攻し,東京大学理学部人類学教室教授,国立科学博物館人類研究部長,日本人類学会会長などを歴任した。 1953年に神奈川県鎌倉市材木座の中世遺跡を調査して多数の中世人骨を発掘し,日本人の時代的変化の研究に先鞭をつけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木尚 すずき-ひさし

1912-2004 昭和-平成時代の人類学者。
明治45年3月24日生まれ。解剖学から人類学に転じ,昭和30年東大教授。のち国立科学博物館人類研究部長,成城大教授。縄文時代から江戸時代にいたる人骨を研究。36年イスラエルネアンデルタール人の一種のアムッド人の化石を発見した。平成16年10月1日死去。92歳。埼玉県出身。東京帝大卒。著作に「日本人の骨」「骨は語る徳川将軍・大名家の人びと」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の鈴木尚の言及

【アムッド人】より

…約3万5000年前のものとみなされる。1961,64年の2回にわたる東京大学西アジア洪積世人類遺跡調査団(団長,鈴木尚)により4個体分(アムッドI~IV)が発見され,そのうちIはほぼ完全であった。四肢管状骨から推定される身長は約175cmと高く,脳頭骨容量も1740ccで大きい。…

【鼻】より

…もう一つの理由は,脳を包む脳頭蓋が旧人までの長頭化から一転して短頭の新人となる際,上前方に出て額を盛り上げただけでなく,後下方に曲がって,頭蓋底を介して鼻中隔が曲がるほどに圧迫したため,外鼻が隆起したとされる。 鈴木尚は,縄文時代人,弥生時代人,古墳時代人,鎌倉武士,室町時代人,江戸時代人,そして明治人の頭蓋骨を調べた結果,縄文時代人の鼻根は高く隆起して鼻も高かったが,弥生時代人の移行期を経て古墳時代から江戸時代まで鼻根も鼻全体も低くなり,明治以降再び高くなってきたと唱えた(《日本人の骨》)。縄文期のハート型土偶の高い鼻,王朝絵巻などに描かれた引目鉤鼻,国芳の《庶民(ただのひと)八面相》のつぶれた鼻などを思い浮かべればよい。…

※「鈴木尚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木尚の関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木尚の関連情報